「死」や「病気」について思うこと

 

こんにちは。

 

今年に入ってからは

「死」や「病気」について

いろいろ考える機会が増えてきています。

 


 

 

自分も年を重ねてきて

周りに病気の人や高齢の人が

増えてきたからと、コロナの影響があります。

 

今年に入ってからは特に

身近なおばあちゃんが入院し

ガンが見つかり化学療法を始めたので

ホントにいろいろ考えさされます。

 

そんな時だからこそ会って

少しでも励ませたり安心させてあげられたら、

と思いますがコロナの影響で難しいです。

 

看護師さんが側についてて

お世話をしてくださってますが

おばあちゃんは希望のない孤独な状態です。

 

 

わたしはこのような仕事をしているので

たぶん、人とは違う『死の捉え方』をしていて

自分や人の死の受け止め方や

死を迎えつつある人への

接し方が変わっていると思います。

 

『死』は肉体から解き放たれ

1つの人生という体験を終えて

本来の魂の状態に戻るだけで

終わりではないし

この人生で出会えた大切な人とも

またいつか出会えることも知っている。

常に感じられるワケではないけれど

見守り導き、助けてくれるガイドさんがいて

一人じゃないってことも知っています。

 

それでも病気になると

不安や心細さが出てくるし

大切な人との別れを思うだけで

悲しくなります。

本当に別れの時がきたら

きっと泣くだろうと思います。

 

だから、それを知らない人は

もっと「死」が怖いし

不安だと思うのです。

 

おばあちゃんの残りの日々が

できるだけ安らぎや喜びが感じられますように。

見送る人たちが

感謝と笑顔で見送れますように。

と願っています。

 

 

自分の「死」に関しては

できれば病気で苦しむのではなくて

ヨガナンダさんや

彼の師のユリ・スクテスワさんのように

時がきたら服を脱ぐように

自主的に肉体から離れるのが理想ですが

そのレベルにまで進化するのは難しいかも。

 

それにおばあちゃんは病気で辛いだろうけど

周りの人にいろんなことを

考えさせたり教えたり

家族を1つにもしていってるから

それはスゴイことだなぁって思う。

 

ひょとしたら魂レベルでは

それが最後のひと仕事なのかもしれない。

おばあちゃんの病気は

『魂の愛の形』なのかもしれない。

 

と、考えさされつつも

まだまだ色々やりたいことがあるので

わたしはそれをやっていって

幸せももっと味わっていって

得られたものを人と分かち合っていって

自分も人ももっと愛していけたらな〜

って思います。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

もしあなたが今病気や困難な状況にいても

ひょっとしたら誰かの役に立って

貢献しているのかもしれません。

例えそう思えなくってもです。

どうぞ、自分や体さんを

責めないでいてあげてくださいネ。

 

Posted by まゆみ at 19:31 | からだ | comments(0)

食生活管理アプリを試し中

 

こんにちは。

 

 

コロナ(&時間がある)ということもあり

身近で病気を抱える人も増えてきて

わたしも食生活を見直すことにしました。

 

「わたしの毎日の栄養バランスって

 どうなんだろう?

 ビタミンとかちゃんと摂れてるのかな?」

 

どの栄養素やビタミンが

過剰なのか不足しているのか

数値で知りたくなりました。

 


(ある日の夕食です。

 もっと盛り付けキレイにすればよかった・・)

 

探してみたら、便利なアプリがありました♫

「ひとびとの明日を今日より健康にする」

という会社の『あすけん』というアプリです。

(宣伝マンじゃないけど、そういう

 気持ち、好きです)

 

最初は食材の記入に手間取ったけど

(写真でカロリー計算できるけど

 調味料など正確に出したかったので)

やってみると、とても勉強になります。

 

数値からわかったことは・・・

・ビタミン不足

 野菜を多めに摂っているから大丈夫だろう、

 と思っていたけど、偏っていた

 

・飽和脂肪酸の摂り過ぎ

 牛乳やチーズが好きなのと、サラダが好きで

 ドレッシングやマヨネーズでつい摂り過ぎに

 

そのために塩分やカロリー自体も

摂り過ぎになってました・・・

 

今はお試し期間のプレミアムサービスで

一食ごとにアドバイスがもらえ

おかげで次の食事や摂り入れる食品について

考えられます。

この調子でしばらくやっていくと

自分なりのリズムや感覚が

掴めてきそうな予感・・・

 

それと、4日間記録して気づいたのは

 

・おやつに食べていた玄米ブランは

(足りないビタミンと食物繊維のための)

 朝食にまわすと、夕食に差し支えない

 

・お昼に外食でバランスが悪くなっても

 夕食でバランスを摂ればいい

(一昨日は外食で注文を間違え

 パスタ&パンになってしまい焦りました)

 

・夕食にご飯を無くしオカズだけにすると

 胃が楽

 

考えてみたら当たり前なのに

気づかなかったり

気づいてもスルーしてました。

 

最初は食事の記録のみでしたが

1日の運動量のカロリー計算や

(家仕事、ガーデニング、徒歩、自転車等)

日記もつけられるので

昨日から記入し始めました。

 

数字にしたりアドバイスをもらえると

励みになるし、やる気がでますね♪

 

アドバイスの中で感動したのが

 

「30回は噛みましょう。

『ありがとうございます』を

 3回言えば30回になります」

 

で、「なるほど!!」と思いました。

 

冷蔵庫にある食材をどのように組み合わせて

今日一日の栄養を満たすか?

 

だんだんゲーム感覚になってきて

4日目の昨日。

ついに100点をもらいました!!

 

夕食を食べ終えた地点で高得点で

もう食べないつもりが

息子の家の冷蔵庫に残っていた

牛乳プリンを見つけて

 

「賞味期限が今日だから

 オーバーするかもしれないけど

 食べちゃお♪」

 

と、食べて記録したら

偶然100点をもらえてラッキーでした。

 

他のアプリを試してないから

比較はできないけど

わたしにはいいような気がします。

 

メニューを決めたりするのに

けっこう時間がかかるのが難点ですが

定着させられるように

しばらく楽しんでやっていこうと思います。

 

読んでくださってありがとうございました。

 

あなたもわたしも

自分の体と仲良くなれますように♫

 

JUGEMテーマ:健康

Posted by まゆみ at 18:18 | からだ | comments(0)

わたしの救急箱  

 

調べごとをしていたら、

嬉しいニュースを見つけました。


インド政府が、新型コロナウィルスに対して、

ホメオパシー(同種療法)

アーユルヴェーダ(インドの伝承医学)

推奨しているという記事が

2月1日のMNSニュースに載ってたのです。

 

おお、すごい!!!

「あるヨギ」を読み出してから、また1つ

インドに向ける尊敬度がUPしました。

 

 

なぜ嬉しいかというと、

わたしはホメオパシーのファンだからです。

 


写真のレメディーは今回購入したものではありません)

 

ホメオパシーとは、友達の家で出会いました。

少し前から興味を持っていたので、

早速試してみたのです。

 

自分で本を読んで、

体の症状や感情、心の傾向などから

当てはまることが多いレメディー(治療薬)を

36種の中から選びました。

 

金平糖の先のような小ちゃな1粒ですが、

口に含むと、スーっと自分の状態が落ち着いて、

溶ける頃には、フラットないい感じに

なっていくのがわかりました。

上手く選べたようです。

 

(私の体はどのように効いているのか

 自分で実感しやすい体なのです)

 

その1粒の効果を感じて以来、

基本の36キットを購入し、

頼もしい我が家の救急箱となって

20年ほど愛用しています。

 

例えば風邪だったら、

ゾクッときたらアコナイト、

インフルエンザにはゼルセニウム、

鼻水にはネイチュアミュア、

筋肉痛にラストックス、

発熱にはベラドンナ

という風に使っています。

 

症状を抑えるのではなく、

生命力に働きかけるものなので、

治癒のプロセスが早まると感じています。

 

生徒さんにも教えてあげたら、

「歯の治療にカレンデュラを使ったら、

 歯医者さんが治癒の速さに驚かれた」

と聞きました。

 

心配や不安も免疫力をさげるので、

「これがあるから大丈夫」と思えるように

インド政府推奨のレメディー

アーセニカムと、

ユスティキアを注文しておきました。

 

早く届かないかなぁ〜と楽しみにしています。

 

あ、そうだ!

わたしはホメオパシーを摂ると

夢がハッキリしたりします。

 

夢からメッセージももらえると、

一挙両得ですね。


 

JUGEMテーマ:健康

Posted by まゆみ at 15:00 | からだ | comments(0)

はたらく白血球(免疫細胞)さんたち

 

きのうに続いてカラダに関してです。

 

最近、新型コロナウィルスの画像を

よく目にします。

 

強そうですが、

私たちには、強くて頼もし〜い、

免疫細胞さんたちが

24時間働いて、守ってくれています。

 

普段は見ることのない活動を、

動画で見ることができました。

 

少し説明すると・・・

 

わたしたちのカラダには、

細菌やウイルスという病原体や

正常細胞から突然変異して生まれる

がん細胞から、

常に守ってくれる免疫システムがあります。

 

その中心的役割を果たしてくれているのが

免疫細胞(血液中の白血球)です。

 

常に体内をパトロールして、

病原体などを見つけたら、即攻撃担当の

NK(ナチュラルキラー)細胞さんや、

指令を送る細胞さん、

 

指令を受け、

パワフルに攻撃してくれる細胞さん、

抗体を作ってくれる細胞さんなど

チームで24時間、頑張って

お仕事してくれています。 

 

 

 

 

 

見えないからって、

感謝もしないで

すみませんでした。

 

免疫細胞さんが活性化できるように、

私たちにできるのは、

 

☆よい睡眠やリラックス

 (副交感神経を優位に)

☆よく笑う、楽しむ

 (活性化に必要なアミノ酸の生成)

☆腸内環境を整える

 (約70%の免疫細胞が腸に存在)

 

だそうです。

 

 

エネルギー的な観点からみると、

免疫を司る胸腺は

ハイ・ハート(高次の愛)のチャクラ

(エネルギーセンター)の場所にあります。

 

今は、みんながハイ・ハートを活性化する時

なのかもしれません。

 

そして、日常で出来事が起こった時は、

それをきっかけに

互の(パートナーや親兄弟、友達など)絆や

自分の魂や、導いてくれる存在との繋がりを

強められる時です。

 

みんながそれぞれ、

そんな時を迎えているのかもしれないな〜

って思います。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:健康

Posted by まゆみ at 20:10 | からだ | comments(0)

細胞さんをねぎらう

 

今日は、カラダに何かあった時、

あるいはこれから何かする予定がある時に、

(手術や抜歯など)

役立ててほしいことをお伝えしますネ。


     (ACイラストさんより)

 

お医者さんにしてもらうこと以外にも、

自分で自分の体にしてあげられることがあると

知っていただけたら幸いです。

 

 

先月、こんなことがありました。

 

身内が大腿骨を骨折してしまい、

先に刺みたいな引っかかりのついた

3本のボルトで

離れた骨をつなぎ止める手術をしました。

 

 

2〜3日後だったでしょうか。

様子を見に行った時に、

イメージが浮かんできたんです。

 

大腿骨の細胞さんたちが、

いきなり異質なボルトさんが入ってきて

驚いて戸惑っているようすでした。

 

勝手に人の領域を侵さないようにしていますが、

不意にイメージを受け取ったのは、

誰かが私にサポートするように

教えてくれたのかもしれません。

 

家に帰ってから、心の中で

彼女の大腿骨の細胞さんに、

声をかけてみました。

 

「大丈夫だよ。

 急にビックリしたかもしれないけれど

 あなたたちを助けてくれるものだから

 仲良く協力してやっていってね。」

 

・・・・・・・・

 

今日はヨガの先生が、

親知らずを抜いた話をされていました。

 

「思ったより抜くのが大変で、

 その時は麻酔で痛みもなかったけれど、

 後からすごく腫れてしまった」

 

 

きっと、大腿骨さんと同様、

親知らずさんも周りの細胞たちも

いきなりで驚いたんだと思います。

 

事前にそのことを知っていたら、先生に

 

「細胞さんも心の準備ができるように、

 親知らずさんには

今までありがとう。

 〇日後にお別れすることになったから、

 少しずつ準備をしておいてね』と、

 

 周りの歯茎や顎さんにも

『親知らずさんが行きやすいように、

 お別れの準備をしておいてね』

 と、毎日声をかけておくといいですよ」

 

と、伝えられたのに・・・

 

抜歯が終わってからも、できることがあります。

 

親知らずさんに

「今までありがとう」と伝え、

 

周囲の細胞さんたちには、

「大変だったけど、

 頑張ってくれてありがとう。

 早く元気になってね。

 傷が癒えますように」

 

と、手を当てて労ってあげるといいです。

自己治癒力がUPします。

 

退行催眠やクラニオセイクラルセラピー

(頭蓋仙骨療法)をしていると

細胞には、いろんなことが

記憶されていることがわかります。

痛みや緊張やショック、その時感じた

恐怖心やいかりや悲しみなどの感情も。

セラピーをすることで、

何十年も前から、そこに留まっていた何かが

解放される場面に度々出会います。

 

 

だから、ずっと昔のことでも

 

「あの時は大変だったね。

 元気になってくれて

 ありがとう!!」

 

と労ってあげてください。

きっと、癒され喜んでくれると思います。

                                                     

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

Posted by まゆみ at 23:30 | からだ | comments(0)

Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Bookmarks

Profile

Search this site.