感慨深い映画 <One Day>

 

こんにちは。

 

今日は映画の感想文です♫

久しぶりに見終わった後

ちょっと切なさを感じる映画でした。

 

アン・ハサウェイ主演の

<One Day 23年のラブ・ストーリー>です。

 

 

毎年7月15日に会う二人のお話で

コメントに「その日に観れば良かった」

という感想が何件かありました。

今ならまだ間に合います(笑)

 

あらすじは、

大学の卒業式に出会った二人が

惹かれあいながらも

恋人ではなく親友として付き合います。

 

最初のすれ違いから

それぞれ別の人生を歩みつつ

毎年出会った日、7月15日に会って

友達関係を続けてゆきます。

 

互いの人生で

上手くいってる時や落ち込んでいる時が交差し

距離が近づいて友達を越えそうな時や

離れて行く時もあって。

 

観る人の中にもある

同じような思いや出来事を思い出させたり

人生を振り返らせてくれるんじゃないかな

って思います。

 

人との関わりでは

いろんなことが起こってきますね。

 

お互いに影響を与え合って

他の人との間では起こらない

化学反応のような何かが起こって

感情的になったり

受け止めきれなかったり

傷つけたり傷ついたと感じたり。

 

それでも、時間の流れや

自分の成長や他の人との関係の中で

癒されていったり変化していく。

 

そんな人生の流れを見せてくれて

ヒプノでの過去生回帰にも

似ているような気がしました。

 

ふだんは事件解決もののドラマや

コメディータッチの映画が好きですが

シミジミものもたまにはいいですね。

 

どんな過去の自分も

愛おしく思えるといいな。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

Posted by まゆみ at 22:16 | 映画 | comments(0)

Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Bookmarks

Profile

Search this site.