HSPマンガ「人類ざっくり5人ジャー」

おはようございます。

 

今日もあなたにとって

いい1日でありますように。

 


(セントーリー 
 感受性や優しさを

 自分を大切にしながら表現していくことを

 助けてくれるバッチフラワーです)  

 

スマホでニュースを見ていたら、少し前から

HSP(Highly Sensitive Person)

=高い感受性を持つ人

に関する記事が入ってくるようになりました。

 

「ふ〜ん」と思っただけで読まずにいましたが

きのうはマンガになっていたので

「ちょっと読んでみよう」と読んでみたら

90%位、当てはまってました〜(笑)

 

おがたちえさんの HSPあるある

わかりやすかったです!!

 

 

マンガ(おがたさん?)がいいのは

学者さんの文章だと

つい深刻な感じになってしまいがちな所を

わかりやすく伝え

しかも、和ませてくれる所だと思います。

 

特にわたしが気に入ったのは

5人に1人と言われているHSPを

他の4人のキャラと対比して描いてある

「人類ざっくり5人ジャー」

シリーズです♫

 

文章の記事を読む気にならなかったのは

今、さほど生き辛さを感じてなかったからかな。

 

今までずっと

自分を見直したり癒すことをしてきて

特性にピッタリあった仕事ができてて

人に喜ばれているので。

 

でも、改めてマンガで

客観的に自分を見ることができ

昔は敏感なところを

『神経質』と否定的に捉えられたり

『もっと強くならないとダメ』

という目で見られ

自分でも『そんな自分』にダメ出しし

『そうなれない自分』を責めてたから

しんどかったな〜

と振り返れました。

 

「ずいぶん楽になれたんだ」

って思います。

「まだ、こんなとこあるなぁ」

というところもあります。

 

そこを見直したり受け入れたら

もっと楽に生きられる

ってことですね!  

楽しみです。

 

文章より絵の方が記憶に残りやすい。

そこもマンガのいい所です。

 

「人よりちょっと敏感(神経質)かも」

と思う人は、ぜひ読んでみてください。

 

また、身近に

「この人ちょっと敏感すぎるのでは?」

と思う人がいたら、理解を深めて

互いにいい関係を築くのに役立ててください。

 

5人ジャーのように

いろんなキャラがいるから

それぞれが

『自分』を肯定し

『自分らしく』生き

『自分とは違う、その人らしさ』を

尊重して助け合って

この世界を良くしていけたらいいな〜

と思います。

 

おがた先生、マンガにしてくださって

ありがとうございました。

 

読んでくださって、ありがとうございます。

 

あなたの豊かな個性が

気持ちよく表現していけますように。

 

Posted by まゆみ at 11:54 | おすすめ | comments(0)

日常で困ったときのレシピ   その2

 

ブログに立ち寄ってくださって

ありがとうございます。

 

前回に引き続き

「心がけておいて良かったな〜」

と最近つくづく思う

家族の時間を心地よくするためのレシピ

を紹介します。

 

(photo AC さんより)

 

「ありがとう」の次は

「ごめんね」

をちゃんと伝える ことです。

 

そのためには​


『自分自身を振り返る』

という作業が必要なので

『簡単』レシピではありませんが

その価値はあります。

 

わたしの失敗を

活かしていただけたら幸いです。

 

 

わたしが「ごめんなさい」の言葉を

意識するようになったのは

息子が2歳位の頃でした。

 

ある時、息子が何かをした時に

止めようと思っているのに

怒りが止まらなくなり

くどくど怒ってしまいました。

 

その時、息子が変な瞬きをし始め

ハッとして、言葉も止まりました。

 

「これって本で読んだことある!

 確か『チック』とかで、良くない症状だ。

 わたしはそんなに

 ストレスを与えてしまったんだ!!」

とやっと気づけたのです。

 

猛反省して

「なんであんなに

 しつこく怒っちゃったんだろう?」


と、後から自分自身を振り返ってみました。

 

 

すると、朝、夫と喧嘩して

モヤモヤした気持ちのままだったのを

思い出しました。

わたしの中に、まだ怒りが残っていたのです。

 

それを、息子が何かしたのをきっかけに

一緒に吐き出てしまった。。。

ほとんど八つ当たりです。

 

自分が無意識にしていたことに気づけ

「ごめんね」

と心から言うことができました。

 

 

息子が小学生になってからは

自己主張できるようになって

喧嘩になることもありました。

 

2人で過ごす時間が多かったので

お互い相手に腹を立て続けていると

家の中がとても居心地悪いものになりました。

 

それで、意識して

謝るようになりました。

 

まず気分転換をする

ことが役立ちました。

 

買い物など外に出て行ったり

(今はしにくい状況かもしれませんが)

友達とおしゃべりしたり

他の楽しいことをします。

 

そうすると<振り返り>

しやすくなります。

 

先のわたしの例のように

たいてい既に別の原因があります。

 

何かが上手くいかなくてイライラしていたり

不安や心配に思っていることがあったり

他の人や、時には自分自身に

腹を立てていることさえあります。

 

また、言い過ぎや

言い方が悪かったことにも気づけます。

 

 

最初は、喧嘩して

4〜5日ほど嫌な雰囲気が続きました。

 

でも、気分転換して自分自身を振り返ると

もともとの理由や言い過ぎに気づけ

自然に「ごめんね」という気持ちが出てきます。

 

そうしたら、それを伝える。

 

「ごめんね。

 あの時は、こんなことがあって

 きっと私はイライラしてたんだと思う。

 言い過ぎだったね。

 これからは気をつけるね」

 

と言うと、相手も

「僕も○○で、言い方が悪かったよ。

 ごめんね」

と返してくれ、お互い笑顔に戻れました。

 

でも、また何かをきっかけに

険悪なモードになります。

 

そうしたらまた

自分の無意識の気持ちに気付けて、伝えて。

 

次は1日で仲直り。

そして、2〜3時間で。

30分かかっていたのが15分に。

と、だんだん時短できるようになってきます。

 

仲直りは気持ちいい

だから、

嫌な時間は短くしたい

という気持ちがお互いに芽生えてきます。

 

今は、息子に対しては怒ることが

ほとんど無いな〜と思ってたら

きのう久しぶりに怒られてしまいました。

 

でも、勘違いがわかって

すぐ向こうから謝ってくれました。

5分に短縮です。

 

「ごめんね」は

お互いの閉ざしていた心を

開いてくれる言葉

で、言えないと損かなって思います。

 

大事なのは、自分の意地やプライドより

大切な人といる時間を

心地よくすることだからです。

 

こんなことを言っておきながら

わたし自身、「ありがとう」と同様に

「ごめんなさい」を伝えられてない相手が

まだまだたくさんいます。

 

少しずつ、他の人にも

言える自分になっていきたいと思います。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

あなたの大切な人との時間が

温かく、心地のいいものになりますように。

♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

Posted by まゆみ at 11:26 | おすすめ | comments(0)

日常で困ったときの簡単レシピ   その1

 

ブログに立ち寄ってくださって

ありがとうございます。

 

今日は、「やってよかった♦♫♦・*

家族関係をよくするための

簡単レシピを紹介します。

 


 

今、おうちで家族と過ごす時間が

増えている人が多いと思います。

 

「そう言えば、昔わたしも

 息子と密に過ごす時間が長くて

 煮詰まってイライラしてた時が

 あったな〜」

 

と思い出しました。

 

夫は仕事で毎日超遅くって

息子はアトピーのリバウンドで大変で

その後も不登校&引きこもりもあり・・・で。

 

 

でも、今わたしは息子との関係が

とてもいい感じで築けています。

(これは勝手な思い込みでなく

 先日話しててお互いに確認済みです)

 

振り返ってみて

「その時から心がけておいて

 良かった♫」

と思うことは

 

それは

「ありがとう」

を口に出して伝えることです。

 

 

「な〜んだ」とか

「そんなことか」

と思われるかもしれません。

 

でも、それをし始めるかどうかで

未来に確実に違いが出てきます。

 

「家族だからワザワザ口に出さなくても」

ではなく、

一番大切な家族だからこそ

出し惜しみせずに伝える

ことが大事だと思います。

 

「○○してくれて、ありがとう」

「いつもありがとう。 助かるよ」

 

自分が口に出し始めると

相手の方も言ってくれるようになります。

(ただし、見返りを期待するのはナシでね)

 

どうぞ、たくさん伝えて

いい関係を築いていってください。

 

わたしのように何年か後に振り返って

「やってて良かった〜」

思う日がきますよ、きっと。

 

わたしも他の家族にはできてなかったので

やっていこう♫と思っています。。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

 

あなたのおうちに

笑顔の花が咲きますように。

 


 

 

Posted by まゆみ at 10:01 | おすすめ | comments(0)

イメージトレーニングの3つのポイント

 

羽生結弦くんを始め、スポーツ選手の人には

イメトレは常識みたいですね。

 


 

クライアントさんも、セラピー中に

ご自分のガイドさんから

イメージングを勧められることがあります。

 

そんな時はたいてい、

(例えばパートナーがほしいという人に)

 

パートナーができたら、何をしたいか?

どんな風に過ごしたいか?を考えてください。

そして、それをしているイメージを

してください。

 

とおっしゃいます。

 

スピリチュアル界ではよく言われる事ですが、

『既にそうなっている状態』

イメージする

ようにアドバイスされます。

 

でも、それがなかなか難しかったりして・・

私もけして得意ではありません。

 

 

ネットで調べ物をしていたら、

元野球選手の新庄剛志さんの

インタビュー記事が目に止まりました。

同じようなお話をされていました。

 

実際にイメトレで結果を出している人の言葉は

説得力があります

 

(元記事はこちら。

https://r25.jp/article/616070042190511664

他にも元気がもらえるお話がいっぱいです♪)

 

 

♦♫♦・*:..。♦♫新庄さんのお話♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

現役時代もずっとやってたんだけど、

目を閉じてイメージするじゃない。

 

まず、チャンスかつ、一番プレッシャーがかかる状況で、自分に出番がまわってくるところを想像する。

 

前のバッターが打って、いいムードのなかで…とかラクなのはダメだよ。

前のバッターは三振! ツーアウト満塁で「自分が決めるしかない!」っていう場面を想像するわけ。

 

 

で、その後が大事で、自分が打つところとか、打てるかどうかは考えない。 イメージもしない。 

そこはもう無我夢中でやるところだから。

 

 

次にイメージするのは

ヒーローインタビューで『お前最高!』って言われてるところ、だよね。

 

 

インタビュアーの

「肝心な『打つところ』は考えないんですか?」

という質問に答えて、

 

ネガティブになっちゃう人って、多分そこを考えすぎるんだよね。

「どういうプレーをしよう」とかの過程を。

 

仕事にポジティブに向き合えるコツはそうじゃなくて、

 

「どうなっていたいのか」

「どうなれたら気持ちがいいのか」

をちゃんと考えること

 

 なんだよ。

 

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

フィギュアスケートやゴルフなら、過程まで

イメージした方がいいかもしれません。

基本的にやることが決まっていていて、

それを一人で黙々とやっていく競技だから。

 

でも、他の人も関わってくることだったら、

過程までイメージすることは、却って

起こりうる様々な可能性を

制限することになりかねません。

 

「カーブを打つ!!」イメトレをしていたら、

相手がそれ以外のものばかり投げてきた時に、

望む結果は得られませんものね

 

 

みんなの抱えている悩み

(大切な人との関係の改善、

よい仕事や人に出会うなど)は、

殆ど他の人が関わってくる内容です。

 

ですから、新庄さんのように、

「どんな風にという過程」は入れず、

すべての可能性に委ねて、ただ

実現しているイメージを楽しんでくださいね。

それが1つ。

 

ヒーローになる必要はないので、

プレッシャーがかかる場面は不要です。

 

2つめのポイントは、イメージする時に、

視覚だけでなく聴覚・体感・味覚・感情などを総動員することです。

 

自分のイメージしやすいやり方を基盤に

展開させてゆくといいです。

 

20年前の長野オリンピックで金メダルを

獲ったスピードスケートの清水選手は、

最高のスタートを切り、

コーナーをいい感じにまわって、

胸でテープを切った瞬間、

みんなの大歓声があげられ、

表彰台の上に乗って頭を下げて、

金メダルを首にかけてもらい・・・

と、その時の気持ちやメダルの重みまで

イメージされたそうです。

 

 

もちろんお二人共イメージングだけでなく、

結果を得るための日々の練習をされています。

それが3つめです。

 

例えば、ある人は浄化や自分のケア、

今の自分自身を肯定する、

練習する必要がある事をするなど、

未来を楽しみに今できることを

やっていきましょう!

 

そうそう。 私にも成功例がありました。

何年か前に、「グランドピアノがほしいな♪」

と思いました。

切り抜きを貼ったり、コンサートに行ったり、

ホールを借りて練習したりしていたら、

しばらくして友人がグランドピアノを買いました。

そして、自由に弾かせてくれたのです♫

 

ピアノを置ける広い場所に引っ越す、や

そのための資金を手に入れて・・・

とイメージしていたら

願いはまだ叶ってなかったかもしれません。

 

関連記事:夢が教えてくれたこと

http://hypnotic-wonderland.dp37142541.lolipop.jp/?eid=873

 

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

Posted by まゆみ at 12:58 | おすすめ | comments(0)

12星座あるある

 

キャメレオン竹田さんの「12星座あるある」は、

最近読んで面白かった本です。

 

12星座が擬人化され、

2つの会社+居酒屋さんの人間模様で表現され、

笑いながら、頷きながら、

自分自身や他の人たちへの理解が深まります。

 


 

相手との違いから生まれるいらだちや軋轢が

無くなっていって、

お互いの能力を上手く引き出し合い、

よりよいものを創り出していけるような

社会になるといいな〜

 

コミックは、わかりやすいから好きです(^^♪

 

ちなみに私はうお座。

右上の眼鏡をかけた夢見る社長です。


JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:読書

 

Posted by まゆみ at 22:30 | おすすめ | comments(0)

なぜ人は、前世の記憶をなくしてしまうのか?

 

『前世』について思いを巡らすと、そもそも

「前世があるとしたら、なぜ人は

 前世のことが思い出せないのか?」

 

という、疑問が浮かぶと思います。

 

先日、海外ドラマ

<ゴースト〜天国からのささやき2〜>の

13話『前世の記憶』を見て、

その答えを見出しました。

 

ネタバレになるので詳細はお伝えできませんが、

知りたい人は、ぜひ急いで見てください!!

(GYAOで、火曜日夜まで無料配信中)

 


このドラマは、ヒプノ(催眠療法)の生徒さん

から教わった、私のお気に入りです。

 

ドラマの主人公は、若き女性メリンダ。

この世に心残りを持つ霊が、

「自分の思いを大切な人に伝えたい。」と、

彼女の元を訪れます。

 

メリンダは、祖母から受け継いだ、

『死者の霊と話す能力』を使って、

霊の思いを相手に伝えます。

 

彼女の助けによって、

さまよっていた霊(魂)と、残された者は、

お互いの心に触れることができ、

真実は明らかになり、誤解やわだかまりは解け、

互いに癒され、愛に満たされます。

そして、霊は光の世界に旅立ちます。

 

主人公のような能力者は、

『ミディアム(霊媒)』と呼ばれますが、

まさに『仲介役』です。

 

毎週見て、感動して涙を流していますが、

今回はとりわけ『前世の記憶』

というタイトルでしたから、興味津々で

「どんな内容かなぁ。」と期待して見ました。

 

「なぜ人は〜」という問いについては、

長年ヒプノセラピーを行っていて、自分なりに

 

「今の人生でのテーマや人間関係に

 集中するためなんだろうな。」

と、思っていました。

 

魂の視点からだと、間違いではないでしょうが、

ドラマを見て、

「なるほどね〜(涙)」

と、一人の人間というか、感情レベルで

すごく合点がいきました。

 

そして、いつもより泣いてしまいました。。。

 

 

嬉しい驚きもありました♫

 

ドラマが、実話に基づいて作られた事は

知っていましたが、調べたら、

世界有数のミディアムである、

ジェームズ・ヴァン・プラグさんが

制作スタッフに入っているのがわかりました。

 

んん?? どこかで聞いた名前・・・

とさらに調べると、昔読んで感動した本、

「もう一度会えたら」の著者だったのです!!

 


   
(付箋だらけです)

 

すごく『愛』が感じられる本で、

ヒプノ(催眠療法)の生徒さんたちに、

おすすめしていたのでした。

 

同じものを感じて、このドラマに

惹かれていたんですね♪

 

ドラマと本、どちらもおすすめです!!

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など

Posted by まゆみ at 16:51 | おすすめ | comments(0)

Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Bookmarks

Profile

Search this site.