病気や怪我の個人的な意味

 

こんにちは。

 

今日は、今の状況について

これまでのヒプノセラピーの

セッションを振り返って

思うことがあったので

少し書いてみようと思います。

 


 (今日のおすすめはウィロー

  思考や行動を楽しい方向に

  促してくれるバッチフラワーです)

 

 

これまでの20年以上にわたる、自分自身や

クライアントさんのセッションでは

 

病気や怪我などは

その人にとっては実は(魂レベルでは)

 

休まない(休めないと思っている)人に

必要な休息を

 

生き方を見直すために

立ち止まる機会を

 

当たり前と思っていたことに

感謝する機会を

 

これまでの場所ややり方を

変えていくためのチャンスを

 

自分の思考の力を

上手に使っていく機会を

 

これまでのカルマを

精算する機会を

 

周りの人から

助けや愛を受け取る機会を

 

逆に言えば、その人に

周りの人が愛を表現する機会を

 

与えてくれている

 

と、教わってきました。

 

 

その視点から考えると

今はそれが個人個人バラバラにではなく

みんなに一斉に起こっている・・・

 

そんな時代に突入していたのだな

と思います。

 

つまり、

 

みんなが

何らかの機会を与えられて

より良い方向に変化してゆける

ということになります。

 

だとしたら、本当に

すごい時代 なんだな〜

って思います。

 

病気にかかっていないわたしにとっては

感謝したり、愛を表現する機会が

与えられているのかもしれません。

 

まだまだ出来ることがあるから

やっていこうと思っています。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

 

Posted by まゆみ at 12:40 | 催眠療法(ヒプノセラピー) | comments(0)

孤独を感じているあなたへ

 

今まで私はヒプノセラピー(催眠療法)で、

数多くの過去世を体験してきました。

 

ある時、人間ではなく『ガイドだった過去世』

に戻ったことがあります。

 

ひょっとしたら、その内容が

今のあなたの役に立つかもしれません。

よかったら読んでみてください。

 


 

(まねっこおしゃべりしてくれる

オカメちゃんです。

 

自分の話し方を見直すために買いましたが、

見ただけで笑えます。

きっとナチュラルキラー細胞さんが

増えてくれることでしょう。)

 

・・・(ちょこっと説明です)・・・

 

『ガイド』とは、

あなたを常に導き、

助けを求めると助けてくれる存在です。

 

人生は、一人で頑張って歩むのではなくて、

ガイドという協力者と共に歩むことで、

やすらぎや喜びに満ちた、

より豊かなものになっていきます。

 

そのことを知ってからは、

来てくださったクライアントさんにも

『ガイドさんと会う』

『ガイドさんに助けてもらう』

セッションをお勧めすることが多くなりました。


 

ですが、私も日常では

ヒプノ(催眠)を受けた時のように、

ガイドさんの存在を感じたり、

メッセージを受け取ることは殆どありません。

 

それができる人たちもいますから、ある時

「日常でも、もっとガイドさんと繁りたいなぁ。」

と、思いました。

 

「そもそも、私はいったいいつから

目に見えない存在との繁りを失ったのか?

 

そうだ!!

『繁りを失ってしまった時に戻る』

退行催眠を受けて調べてみよう♫」

と、友人に催眠誘導をしてもらうことにしました。

 

例えば、<自信がもてない>と悩む方には、

『自信を失うきっかけになった場面』に戻り、

要因を調べることで、よい変化が生まれます。

『自信を失う前の場面』に戻り、

今の自分とは違う、ポジティヴな感覚を

思い出すことも、とても役立ちます。

 

同じようにすれば、多くのものが得られると

考えました。

 

 

 

・・・ヒプノで浮かんできたこと・・・

 

誘導してもらうと、過去世に戻ったようですが、

何か変な感覚です。

 

私は、ほとんどいつも主観的に体験します。

『過去世の自分自身』に戻り、

その視点で自分のことや場面がわかっていくのに、

何だかわかりづらいのです。

 

 

自分は浮かんでいて、少し上から

部屋を眺めているようでした。

 

「変だな〜」

と思いながらも調べていくと、

斜め下に男性がいるのがわかりました。

 

「今回は過去生の『私』を、

客観的に見ているのかな?」

と思いましたが、そうではないようです。

 

ずっと斜め上からの視点のまま、

彼の人生が展開されていくのを、

眺めている感じでした。

 

 

いったい私は『誰』なのか?

 

 

関係性を知るために、

男性に対する自分の気持ちを

感じていきました。

 

 

すると、自分が人間ではなく、

ガイドだとわかりました。

 

 

ガイドの私は、

彼をずっと見守っていました。

 

彼が成功して華やかな人生を送っている時も、

徐々にお金も友人も無くなっていって、

貧しく孤独になった時も。

 

 

いつもいつもそばに居て

見守っていたけど、

彼はずっと私に気づかなかった。。。

 

 

彼は「自分は一人ぼっちだ。。。

と、1人で悩み、悲しみ、絶望して、

孤独な思いのまま、その人生を終えました。

 

 

その間、ガイドの私は

「ここに私がいるのに・・・」

という不思議な思いでいました。

 

何とかして、

彼が1人ではないこと、

私がいることを

知らせようとしました。

 

ロウソクの炎を揺らしたり、

カーテンを揺らしたり、

棚から本を落としたり。

 

(結構エネルギーが要ったようでした)

でも、彼が気づくことありませんでした。

最後まで気づいてくれなかった。

 

 

亡くなった彼を見下ろして、思いました。

 

私(ガイドという存在)に

気づくことができたら

孤独な思いのまま、

死んでいくことはなかったのに。

 

気づいてくれたら、

彼をもっと助けることが出来たろうし

やすらぎや喜びを感じられたり、

違う人生に展開していったのに。

 

 

ガイドの私からは、

自分1人で、孤独だと思い、

悩み、悲しみ、苦しみ、絶望していく彼が、

まるで、1人芝居をしているように

見えました。

 

 

彼はずっと俯いていて、

『孤独な自分』という世界に籠って心を閉ざし、

外のものや希望や可能性に、

目を向けようとしなかったのでした。

 

・・・・・(セッション終了)・・・・・

 

 

不思議なセッションでした。

 

私の内なる叡智(超意識)は、

『繁りを失ってしまった人』ではなく、

『傍にいて助けようとしているガイド』

への体験に導いてくれました。

 

頭で考えたのと違う展開になりましたが、

ガイドさんがどんな思いをしながら、

ずっと人間の傍にいて、根気よく

見守っていてくれているかを実感できました。

 

繁りは失われたりするものではなく、

ずっとある のがわかりました。

ただ人が、ガイドの存在を知らず、

心を開いてないだけだった。

 

見えなくても感じなくても聞こえなくても、

その存在に、

希望や可能性や注れている愛に、

ただ心を開けばいいだけ

なのだと教わりました。

 

 

そのセッション後、私が日常でも

ガイドさんの存在を感じられたり、

メッセージを貰えるようになったかというと、

そうではありません。

 

でも、孤独モードのスイッチが入った時に、

「おっと!

また勝手に一人芝居に入るところだった・・」

と気づいて、やめられるようになっています。

 

そこから派生する、妄想や感情にではなく、

やりたいことのために

自分の意識とエネルギーを

向けられるようになりました。

 

省エネです。

 

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:スピリチュアル

Posted by まゆみ at 22:44 | 催眠療法(ヒプノセラピー) | comments(0)

新月の時には 〜月のリズムで整える〜

 

この間の満月の時にUPした、

月のリズムをどう生かしていけばいいか?

の続きです。

     過去記事 満月の時には

 

 

『新月は願い事をするのに適した時』

『満月は浄化に適した時』と

よく言われます。

 

友人のガイドさんは、

違う方法を教えてくれました。

 

 

新月から満月にかけては、

行動しやすい時、

満月から新月にかけては、

体や気持ちを休ませていく時

 

 

なんだか呼吸のようです。

 

新月の時は、

 

自分の中に入っていって、

自分を『無』『真っ白な状態』にする

のだそうです。

 

 

どうやって行うかというと、

 

まず、手放すものを書き出し、

それを 燃やすなど処分する

 

それが終わったら、

次の満月に向かって、

『行動しよう』

と思っていることを書き出し、

リストを箱の中に入れて保管

 

 

行動できたら、

感謝して、リストを処分する

 

 

ガイドさんが教えてくれるこの方法は、

具体的な行動を促してくれます。

 

この間の満月から

静まっていく時間を意識的に取り始め、

アイデアがいくつか浮かんできました。

 

ちょうどこれから行動に移していける、

自然な流れになっているのを感じます。

 

 

今日でいったんゼロにして、

これから膨らんでいく月のように

行動していって、毎日を

自分自身を充実させてゆきたいな♫

 

これから作業をして、

リストをリス缶に入れようと思います。

2週間後、短期リストがなくなって、

達成感が得られるといいな♫

 

リズムが掴めたかどうか、

またご報告しますね。

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:日記・一般

 

Posted by まゆみ at 19:32 | 催眠療法(ヒプノセラピー) | comments(0)

満月の時には

 

帰り道、空を見上げると

まん丸のお月様が見えました。

今日は満月だったのですね。

 


 (これは6日前のお月さま)

 

ずっと前に、ヒプノで友人のガイドさんから

月のリズムをどう生かしていけばいいか?

教えてもらったことがありました。

 

 

『満月は浄化に適した時』とよく聞きますが、

そのガイドさんからは、

 

新月から満月にかけては、

行動しやすい時、

満月から新月にかけては、

体や気持ちを休ませていく時

 

だと教わりました。

 

 

満月の時は、

成し遂げたことを振り返る・思い出す

創造性を養う

よく笑う

ということをして、

 

新月までの間に、

次のステップに入るための

アイデアを練る、

あるいは、休養にあて、

次の新月から満月に

どんなことをするのか?

に思いを巡らせ、

感覚や直感、思考を

活性化させていくのがいい

とのことでした。

 

 

新月からは、

膨らんでいく月のように

行動していくことで充実させてゆき、

満月からは、

小さくなっていく月のように

鎮まっていく

 

 

吸って・・・

吐いて・・・

呼吸のようでもあります。

わかりやすいです。

 

 

10年くらい前に教えてもらったのに、

全然活かせていませんでした。

 

覚書きが2〜3日前に出てきたのも、

偶然ではないかもしれません。

 

今日から月のリズムを意識して、

教わったことをやってみようと思います。

 

 

 

Posted by まゆみ at 22:36 | 催眠療法(ヒプノセラピー) | comments(0)

Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Bookmarks

Profile

Search this site.