病気や怪我の個人的な意味

 

こんにちは。

 

今日は、今の状況について

これまでのヒプノセラピーの

セッションを振り返って

思うことがあったので

少し書いてみようと思います。

 


 (今日のおすすめはウィロー

  思考や行動を楽しい方向に

  促してくれるバッチフラワーです)

 

 

これまでの20年以上にわたる、自分自身や

クライアントさんのセッションでは

 

病気や怪我などは

その人にとっては実は(魂レベルでは)

 

休まない(休めないと思っている)人に

必要な休息を

 

生き方を見直すために

立ち止まる機会を

 

当たり前と思っていたことに

感謝する機会を

 

これまでの場所ややり方を

変えていくためのチャンスを

 

自分の思考の力を

上手に使っていく機会を

 

これまでのカルマを

精算する機会を

 

周りの人から

助けや愛を受け取る機会を

 

逆に言えば、その人に

周りの人が愛を表現する機会を

 

与えてくれている

 

と、教わってきました。

 

 

その視点から考えると

今はそれが個人個人バラバラにではなく

みんなに一斉に起こっている・・・

 

そんな時代に突入していたのだな

と思います。

 

つまり、

 

みんなが

何らかの機会を与えられて

より良い方向に変化してゆける

ということになります。

 

だとしたら、本当に

すごい時代 なんだな〜

って思います。

 

病気にかかっていないわたしにとっては

感謝したり、愛を表現する機会が

与えられているのかもしれません。

 

まだまだ出来ることがあるから

やっていこうと思っています。

 

読んでくださって、ありがとうございました。

 

Posted by まゆみ at 12:40 | 催眠療法(ヒプノセラピー) | comments(0)

Comment







 
Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Bookmarks

Profile

Search this site.